私は、またイナゴを買ってしまった。

スポンサーリンク

私はイナゴフィニッシュを書いた。これで終わりにしたいと思っていた。毎日イナゴのことばかりを考えてしまっていたからだ。気が付くと、自宅の近所に田んぼがないかGoogleEarthで探してしまっていた。会社で仕事をしている時もだ。これでは、いつかはクビになってしまう。

イナゴフィニッシュでは、「できることは全てやっておきたかった」と書いた。イナゴフィニッシュの日には、できることをやりつくすため、江戸川河川敷に行った。

しかし、まだできることがあった。イナゴは買えるのだ。しかも、ほぼ未調理のイナゴをだ。

私は以前、イナゴ甘露煮の缶詰を買って食べた。この時もイナゴを買ったわけだが、買ったのはあくまで甘露煮、つまり佃煮のイナゴである。私は、素揚げのイナゴを食べたかった。色々と検索してみたが、未調理のイナゴは、ネット通販では売っていないらしかった。

ならば、実店舗ではどうか。それが、実はあるのだ。昆虫食2大書籍「むしくいノート」と「食べられる虫ハンドブック」という文章を書いたが、この2冊の片方、「むしくいノート」に、新大久保の店舗「アジアスーパーストア」にイナゴを買える店があるという文章があった。

むしくいノート びっくり!たのしい!おいしい!昆虫食のせかい



イナゴが買える。しかも、このアジアスーパーストアで売られているイナゴは塩を振っただけのイナゴらしく、追加調理もしやすい状態のようだ。

私が食べたかった揚げイナゴも簡単に作れる。

そのことは頭に入っていながら、私はそれを試さず、イナゴフィニッシュを書いてしまっていた。

私は、自分がイナゴに強く引き寄せられていることに少々の恐怖を感じ始めていた。こんなにイナゴのことばかりを考えていて、私の人生はどうなっていくのだろう。イナゴで人生を壊してしまうことにならないだろうか。そう感じていたから、このアジアスーパーストアのことも頭にはありつつ、強引に上記のイナゴフィニッシュの記事を書いたのだった。しかし、イナゴへの想いは断ち切れなかった。

それなら、行ってみようか。

そんな経緯で、アジアスーパーストアに行くことにした。最寄り駅は東新宿駅だ。都営大江戸線の駅である。
東新宿駅

位置はここだ。

あった。アジアスーパーストア。ここは基本的にタイ食材の店なのだが、キワモノ的なものが色々売っていることでよく知られているらしかった。
アジアスーパーストア

1階店舗はサンクスになっていて、その上の2階が店舗になっている。
アジアスーパーストア

入り口。
アジアスーパーストア

中に入った。お店の方に写真を撮ってブログに載せていいか尋ねると、OKとのこと。ありがたい。

こんな感じにタイ食材が並んでいる。
アジアスーパーストア

しょうが糖って、日本にはあんまりないよね。
アジアスーパーストア

タイのインスタントラーメン。安い。日本のインスタントラーメンとあまり変わらない値段だ。手軽にタイの食べ物を楽しみたい人には、こういうインスタント系食材は便利だと思う。
アジアスーパーストア

食用タガメ。
アジアスーパーストア

サワガニくらいの大きさのカニ。
アジアスーパーストア

そして、いよいよイナゴがある冷蔵庫へ。
アジアスーパーストア

イナゴはタカテンという名前で売られていた。
アジアスーパーストア

買った。
アジアスーパーストア

日本でいうイナゴ、コバネイナゴとはかなり違う。大きい。トノサマバッタと同じくらいの大きさだ。体長5~6cmというところだろうか。
アジアスーパーストア

買ってしまった。家に帰って食べよう。


お問い合わせはこちら